大阪に済州4・3慰霊碑を建立します!

約3万人が亡くなったと言われる済州4・3事件。70周年を迎え、済州島出身者が多く住む大阪の地に犠牲者の慰霊碑を建立します。

済州島を知るための55章

済州島の社会・文化・歴史を知るための格好の入門書として『済州島を知るための55章』が出版されました(梁聖宗・金良淑・伊地知紀子共編著、明石書店より2018年9月10日発行)。慰霊碑建立実行委員会のメンバーも執筆しています。

f:id:y-support:20180919165430j:plain

宣伝リーフレットは本書を次のように紹介しています。

ユネスコ世界自然遺産に登録され多くの観光客や移住者を惹きつける済州島は、古くは耽羅という独立国として東アジアの海域交流の要に位置し、豊かな神話に彩られた独自の伝統文化をはぐくんできた。同時に、中央からは「辺境の島」とされ、過酷な統治や4・3事件の悲劇という歴史も乗り越えなければならなかった。漢拏山の裾野に広がる豊かな自然、朝鮮半島と日本の狭間にあって「平和の島」をめざす固有の歴史、日本との深い繋がり――本書は、知られざれる済州島の多彩な魅力に迫る最新のガイド、済州島研究の入門書である。

本書は「済州島の自然と風土」「基層文化と伝統社会」「済州島の歴史 古代から解放まで」「日本と済州島」「4・3事件と再生する島」「済州島の「再発見」 “平和の島”の現在と未来」の6部構成で、第V部「4・3事件と再生する島」の各章は以下の通りです。

第43章 済州島4・3事件とは何か?(文京洙)
第44章 4・3事件の経緯(文京洙)
第45章 4・3事件が残したもの1――記憶の圧殺と連座制(李昤京)
第46章 4・3事件が残したもの2――済州人の離散と冷戦の犠牲(李昤京)
第47章 開発をめぐる葛藤と住民運動――市民社会の再生(文京洙)
第48章 済州島の「4・3運動」――「4・3特別法」までの道のり(文京洙)
第49章 在日の「4・3運動」(伊地知紀子・文京洙)
第50章 4・3事件の表象と追悼――済州4・3平和公園におけるモニュメント(高誠晩)
 コラム8 4・3事件の史跡を訪ねる(高誠晩)
 コラム9 在日済州人三世の4・3とマダン劇(李明玉)
 済州島アルバム5[子どもたち]

ぜひ本書を手にとってご覧いただくよう、お勧めいいたします。

f:id:y-support:20180706085013j:plain