済州四・三 74周年大阪慰霊祭

約3万人が亡くなったと言われる済州4・3事件。済州出身者が多く住む大阪では、毎年犠牲者慰霊祭を開催しています。

済州四・三の追加真相調査へのご協力のお願い

済州四・三特別法全面改定にともない、在日済州人の被害実態調査が実施されることになりました。大阪・関西地方の調査は「済州四・三平和財団済州四・三追加真相調査チーム(関西)」が担当します。詳細は下記の協力依頼の文書をお読みください。(リンクが現れない時は、チラシ写真の下にある「続きを読む」ボタンをクリックしてください。)

なお、この調査に関するお問い合わせは、下記までお願いします。

〒544-0002 大阪府大阪市生野区小路3-11-19
特定非営利活動法人聖公会生野センター気付
在日本済州四・三犠牲者遺族会 呉光現
Tel: 06-6754-4356
Fax: 06-6224-7869
Email: jeju43osaka@gmail.com

  

済州四・三の追加真相調査へのご協力のお願い

済州四・三犠牲者ご遺族のみなさま

韓国では2021年、「済州四・三事件真相究明及び犠牲者名誉回復に関する特別法」(2000年 1月12日公布、法律第6117号、略称「済州四・三特別法」)が全面改定され、①被害者への補償、②受刑被害者の特別再審、③四・三トラウマセンターの運営、④追加真相調査などがすすめられることになりました。

私たちは、この法律に基づいて済州四・三平和財団が進めている追加真相調査の一環として、在日済州人の被害実態調査を委託され、主に日本の大阪・関西地方の調査を担当しています。

この調査を実りあるものとするために、あらためて日本に在住する済州四・三の犠牲者ご遺族、関係者のみなさまにご案内し、調査へのご協力をお願いしています。

本調査は、本年中に第一次の犠牲者・ご遺族のみなさまの証言収録を実施し、これに基づいて 2023年中に追加調査を重ねた上で、2024年には調査結果をまとめた公式の報告書の作成に進むという計画で行われています。調査にご協力下さる被害者、ご遺族、関係のみなさまには、同封しました「済州四・三被害実態調査に関するお願い」でご連絡をいただければご都合のよろしい日時と仕方でお話しをうかがいに参ります。

済州四・三はとても痛ましく残酷な出来事でした。

この悲劇の発生に責任を負う韓国政府が犠牲者と遺族に謝罪し、法律を制定して犠牲者の名誉回復と補償を進めるとともに、事件の真相をさらに徹底して解明することは、失われた正義を回復するばかりでなく、歴史への教訓ともなる意義深いことと存じます。このための被害実態調査にみなさまのご協力を重ねてお願いいたします。

なお、この調査は、在日本済州四・三犠牲者遺族会の協力を得て実施しています。

済州四・三平和財団済州四・三追加真相調査チーム(関西)
文京洙(代表)、呉光現、伊地知紀子、梁優子、高元秀、金賢泰、洪政ウン

2022年9月

※調査にご協力いただくご意向のある方は、下記のサイトまたは右のQRコードから入力フォームにアクセスし、必要事項を入力して送信してください(ハングル未対応)。

済州四・三被害実態調査に関するお願い:関係者情報提供(入力フォーム)

※あるいは、下記のサイトまたは右のQRコードから様式(PDFファイル)をダウンロードし、郵送またはFAX送信してください。

済州四・三被害実態調査に関するお願い:関係者情報提供(PDFファイル)

※郵送・FAX送信先、調査に関する問い合わせは下記にお願いいたします

〒544-0002 大阪府大阪市生野区小路3-11-19
特定非営利活動法人聖公会生野センター気付
在日本済州四・三犠牲者遺族会 呉光現
Tel: 06-6754-4356
Fax: 06-6224-7869
Email: jeju43osaka@gmail.com

제주4・3 추가진상조사를 위한 협력을 부탁드립니다

제주4・3희생자 유족 여러분께

한국에서는 2021년 “제주 4・3 사건 진상 규명 및 희생자 명예 회복에 관한 특별법”(2000년 1월 12일 공포, 법률 제6117호, 약칭 “제주 4・3 특별법”)이 전면 개정되면서, ① 피해 보상, ② 수형 피해자를 위한 특별 재심, ③ 4・3 트라우마 센터의 운영, ④ 추가 진상 조사 등이 추진되고 있습니다.

저희는 이 법률에 따라서 제주 4・3 평화재단이 진행하고 있는 추가 진상 조사의 일환으로, 제일 제주인의 피해실태조사를 위탁받아, 주로 일본의 오사카・관서지방의 조사를 담당하고 있습니다. 이 조사를 성공리에 수행하기 위하여 일본에 거주하는 제주 4・3 희생자유족, 관계자 여러분께 조사 시행을 안내해 드리며, 조사에 협조해 주시기를 부탁드리고 있습니다.

본 조사는 올해 안에 제1차의 희생자・유족 여러분의 증언 채록을 실시해, 이를 토대로 2023년에 시행하는 보충 조사를 거쳐, 2024년에는 조사 결과를 정리한 공적인 보고서를 작성할 계획으로 진행하고 있습니다. 조사에 협력해 주시는 피해자, 유족, 관계자 여러분께서는 동봉한 답신용 지와 봉투로 연락을 해주시면, 원하시는 시일과 방법으로 말씀을 들으러 찾아뵙겠습니다.

제주 4・3은 매우 고통스럽고 참혹한 사건이었습니다.

이 참사에 책임을 져야 할 한국 정부가 피해자와 그 유족들에게 사과하고, 피해자의 명예 회복과 마땅한 보상을 위한 법률을 제정하고, 사건의 진실을 더욱 철저히 해명할 과업은 잃어버린 정의를 회복하고 역사의 교훈을 바로 잡는 뜻깊은 일일 것입니다. 이를 위한 피해실태조사에 협조해주시기를 진심으로 부탁드립니다.

이 조사는 재일제주 4・3 희생자유족회의 협력으로 시행되고 있습니다.

제주4·3평화재단 제주4·3추가진상조사팀(関西)
문경수(대표), 오광현, 이지치 노리코 , 양우자, 고원수, 김현태, 홍정은

2022년9월

※조사에 협력해 주실 의향이 있으신 분은 아래 사이트 또는 오른쪽의 QR코드에서 입력 폼에 접속하여 필요 사항을 입력하고 송신해 주십시오(한글 미대응).

済州四・三被害実態調査に関するお願い:関係者情報提供(入力フォーム)

※혹은 아래 사이트 또는 오른쪽 QR코드에서 양식(PDF파일)을 다운로드 받아 우편 또는 FAX 으로 숭신해 주십시오.

済州四・三被害実態調査に関するお願い:関係者情報提供(PDFファイル)

※조사에 관한 문의는 아래 연락처에 부탁드립니다

〒544-0002 大阪府大阪市生野区小路3-11-19
特定非営利活動法人聖公会生野センター気付
在日本済州四・三犠牲者遺族会 呉光現
Tel: 06-6754-4356
Fax: 06-6224-7869
Email: jeju43osaka@gmail.com

各種資料ダウンロード

調査案内チラシ(PDFファイル)

調査協力依頼文書(PDFファイル)

済州四・三被害実態調査に関するお願い:関係者情報提供(PDFファイル) 

 

f:id:y-support:20190126165841j:plain