済州四・三 73周年大阪慰霊祭

約3万人が亡くなったと言われる済州4・3事件。済州出身者が多く住む大阪では、毎年犠牲者慰霊祭を開催しています。

済州四・三 71周年 在日本犠牲者慰霊祭

済州四・三 71周年 在日本犠牲者慰霊祭

f:id:y-support:20180422151253j:plain

【日時】2019年4月28日(日)午後2時~

【会場】和気山統国寺大阪市天王寺区茶臼山町1-31 TEL: 06-6771-5600)

【プログラム】

  • 読経
  • 追悼辞
    在日本済州4・3犠牲者遺族会 会長 呉光現
    関西済州特別自治道民協会 会長 朴泰男
    済州4・3犠牲者遺族会 会長 宋承文
    済州4・3平和財団 理事長 梁祚勲
  • 追悼舞
    独舞〈菩薩の舞(보살춤)〉出演/朴仙美
    独舞〈アリラン(아리랑)〉出演/任洙香
    三人舞〈巫女の舞(무녀춤)〉出演/コリア舞踊団クスル
    独舞〈荒波を越えて(풍랑을 뚫고)〉出演/朴仙美
  • プンムル 出演/在日コリアン青年ハンマウム
  • 献花・祭礼
出演者プロフィール

朴仙美(パク・ソンミ)
兵庫県出身。大阪で朝鮮舞踊を学ぶ。金剛山歌劇団に所属し、数々の作品に出演しソリストとして活躍。ピョンヤン、ソウル、中国公演に参加。東洋の舞姫と世界的に絶賛された、朝鮮舞踊の礎を築いた崔承喜の愛弟子である、共和国人民俳優キム・ラギョン先生、共和国人民芸術家ペク・ファニョン先生に師事。現在、在日の若手舞踊手、学生たちを指導する傍ら、フリーの舞踊家として活動。次世代に朝鮮舞踊を通じて育んだ、民族の歴史や文化、民族の心を表現し伝えること、そして多くの人々に朝鮮文化への理解の輪を広げていく事をテーマに、舞踊活動を精力的に繰り広げている。

任洙香(イム・スヒャン)
1983年大阪朝鮮歌舞団入団。1996年5月退団後、在日本朝鮮文学芸術家同盟大阪支部で舞踊活動しながら、次世代育成の為、有志達と舞MAI朝鮮舞踊研究所設立。2005年にはコリア舞踊団クスルを立ち上げ公演活動。現在文芸同中央舞踊部長。

コリア舞踊団kusul(クスル)
田慶香(チョン・キョンヒャン)・金愛理(キム・エリ)・金早希(キム・ソヒ)。2005年に旗揚げし同胞たちの行事や、日本との文化交流を深めるための行事などにも参加し、舞台活動を繰り広げている在日2世3世のグループ。 

在日コリアン青年ハンマウム
李相玄、都鍾宇、姜正美、趙暎和、高愛子、姜舜日、朴守恵、西川由起、梁碧里、文吉子、蔡智恵、姜世蓮、趙彗寿。ハンマウム(一つの想い)を胸に、朝鮮半島の伝統音楽が大好きな在日コリアン青年が集まり、風物(プンムル)を演奏します。

f:id:y-support:20181016220323j:plain

追悼舞解説
  1. 独舞〈菩薩の舞(보살춤)〉
    「東洋の舞姫」とうたわれた伝説の舞踊家、崔承喜が創作した菩薩の舞をモチーフに創作した作品。
  2. 独舞〈アリラン(아리랑)〉
    民族の象徴であるアリランの曲にあわせて今なお分断された民族の悲しみ、そして明るい未来への希望を舞に託す。祖国を追われて日本に来る事を強いられ、悲しくも異国の地で帰れぬ身になってしまった、私たちの祖先の為に踊る。
  3. 三人舞〈巫女の舞(무녀춤)〉
    巫女は済州島でいうシンバン。巫女の舞に使用される鈴は「心霊を呼ぶ道具」であり、その澄んだ音は「天に届く神秘の音」とされている。優雅でしなやかな動作だけではなく、鈴を奏でる躍動的で粋な動作が込められている作品である。
  4. 独舞〈荒波を越えて(풍랑을 뚫고)〉
    1949年に崔承喜が創作した作品。大海原に舟を出し、大いなる目的のために怒涛と闘う白髪の老人の強い意志と民族的な気質を表現している作品である。1948年、済州島で起きた4・3事件に加勢しようと、名もない老人がひとり大海原に小舟を浮かべ、済州島へ向かったという。
    記事を読んだ崔承喜が、強い創作意欲に駆られてこの舞踊を創作したと伝えられている。この作品は、1960年代までは、朝鮮民主主義人民共和国で盛んに踊られていたが、その後は舞踊界の人たちの記憶の中でのみ存在する幻の作品であった。崔承喜の愛弟子であった平壌音楽舞踊大学のキム・ラギョン氏によって再現され、半世紀ぶりに舞台で上演されるようになる。2001年には日本でも初演された。

舞踊家・崔承喜について◇

崔承喜=チェ・スンヒ(1911~1967)。

 植民地時代、米国や欧州、中南米で150回余りの公演を行った世界的な舞踊家。1911年ソウルに生まれ、音楽を勉強して26年に日本へ留学。29年に帰国した後、崔承喜舞踊研究所を設立して朝鮮半島に近現代舞踊の種をまいた。46年、夫の安漠について朝鮮民主主義人民共和国に渡り、その後平壌ピョンヤン)で国立崔承喜舞踊研究学校を中心に活動し、高く評価された。

 代表作に、仏像のさまざまな姿勢を踊りに昇華させた『菩薩』『石窟庵(ソックラム)の壁彫』、伝統剣舞に武士精神を取り入れた『双剣舞』、パリに新しい帽子ファッションをもたらした『草笠童』など。

 

募金にご協力ください。

71周年事業は済州道からの援助もありますが、多くの費用がかかります。この事業の成功のために皆様のご支援をお願いします。

募金目標額50万円。

送金方法=郵便振替
加入者名:済州四・三事件を考える会、大阪
口座番号:00910-2-50548

他金融機関からの送金方法
支店名:〇九九(ゼロキユウキユウ)店
口座種別:当座預金
口座名:済州島四・三事件を考える会・大阪
(チェシ゛ュト゛ヨン サンシ゛ケンヲカンカ゛エルカイ オオサカ)
口座番号:0050548

f:id:y-support:20190209171757j:plain

f:id:y-support:20190126165841j:plain