済州四・三 73周年大阪慰霊祭

約3万人が亡くなったと言われる済州4・3事件。済州出身者が多く住む大阪では、毎年犠牲者慰霊祭を開催しています。

慰霊碑建立に至るまで

慰霊碑建立に至るまで 伊地知紀子

大阪における済州4・3犠牲者慰霊碑建立については以前から提案があり、2017年6月1日の済州島4・3事件70周年慰霊祭第1回実行委員会において検討項目にあがりました。その後、70周年にあたる2018年に日本で初めての慰霊碑建立に向けた具体的な議論が始まりました。

2018年6月9日の第16回実行委員会(第1回慰霊碑建立実行委員会)では、済州島のすべての村、178の里から石を集め収集し、碑石として献じようという案が採択され、6月22日第3回慰霊碑建立実行委員会で慰霊碑の基本デザインが承認されます。

済州4・3研究所をはじめとする多くの人びとによる献身的な協力とアドバイスを受け、8月2日から始まった石の収集は、可能な限りで各村の虐殺関連地を選び、収集の際には香を焚き、献杯をし、큰절・クンジョルを献じています。

f:id:y-support:20180805093402j:plain

観徳亭(済州市三徒里)/관덕정(제주시 삼도리)

f:id:y-support:20180804180916j:plain

4・3慰霊碑(旧左邑東福里)/4·3위령비(구좌읍 동복리)

10月5日に最南端の馬羅里にいたるすべての石を収集し終えました。

10月5日には収集した石を大静邑保城里の石材加工場において、現地の石職人の協力を得ながら碑に設置するための加工作業が行われました。

慰霊碑は2018年11月18日に完成し除幕式を行います。

f:id:y-support:20181005085850j:plain
f:id:y-support:20181005100714j:plain
f:id:y-support:20180706085013j:plain